はぜぽえむ

@haze_it_ac のあんまりまとまってない文章を置くところ

社会から孤立していると感じる瞬間の話

土日、何も予定が無くて家でぼーっとしているとき、
街中に散歩をして人混みにまぎれているとき、

何となく、一人だなと思う。

一人でゆっくりする時間はかなり大切にしていて、一週間のうち半日〜一日は家で何かをする時間を意識的に取ってきていたが、
最近はどうやら様子がおかしくて、寂しさを覚えたり、誰かに会いたくなったりすることが多い。

会ったら会ったで、人は難しいな...という感じで大体疲労するので結局どうすれば良いのかがよくわかっていない。
楽しいのは楽しいのだけれど、底から満足している感覚に暫くなっていない。
それが結構苦痛で、人と合わない時間を増やす傾向が最近は多い。

そうやって自分で増やした時間に対して、表題のように孤独感、孤立感を感じるようになってきてしまった。

最近は同級生や元同期が結婚したり出産したりすることが多い。
それと同時に結婚とか恋愛の話になる確率がかなり高いが、何というか、何も考えられていないことを実感して厳しい気持ちになる。

(インターネットは置いといて)社会的にも結婚が正とされていることもあり、自分の周りにもそういう人が多いが、正直なところ自分はどうすれば幸せなのかがよくわからない。
家庭環境が微妙なこともあって誰かに紹介したい家族というわけでも残念ながら無く、instagramだったりFacebookで流れてくる幸せな家庭像が現実味を感じることができないことも、家庭を持ったり誰かと暮らすことに違和感を持つ原因の一つなのだと思う。

そういうことを考えているときにも孤独感を持つ。
とはいえ考えないと先には進まないし、このまま歳を重ねるのも多分後悔すると思う。